子供と旅行!これさえあれば安心な持ち物チェックリスト☆

旅行

子供との旅行…おむつは沢山必要だし、汚れた時用の着替えも余分にいるし、移動用のおもちゃもいるし…あれもこれもとカバンに詰めているうちに「何泊の旅行に行くの?!」ってくらいの量に。

とにかく「これさえあれば安心」な持ち物をまとめました!

何を持っていけばいいのか困ったときは、ぜひ参考にしてみてくださいね♪

スポンサーリンク

子連れ旅行で忘れずに持っておきたい持ち物一覧

まずは子供との旅行のとき、ぜひ忘れずに持っておきたい持ち物をまとめてみました。

  • 紙おむつ
  • おしりふき(手拭きも兼用できるので2パックあると安心)
  • ビニール袋(おむつ用・汚れもの用など複数枚)
  • 母子手帳・健康保険証・お薬手帳
  • おむつ替えシート
  • 消毒用アルコールジェル(携帯用)
  • タオル(バスタオルとフェイスタオルの2サイズあると安心)
  • 日焼け止め
  • 虫除け
  • 歯ブラシ(使い慣れているものを)
  • 爪切り
  • 体温計
  • 雨具
  • カトラリーセット(使い慣れているものを)
  • お食事エプロン
  • 着替え
  • 帽子(夏は日差しよけ・冬は寒さ対策)
  • おもちゃや絵本(遊びなれているものだけではなく新しいものもおすすめ)
  • 授乳ケープ
  • お菓子・飲み物・離乳食

それぞれの持ち物について、詳しい理由を紹介していきましょう。

おすすめのアイテムも同時に紹介します。

子連れ旅行の持ち物・おすすめアイテム

【子供と旅行】持ち物①紙おむつ

赤ちゃんがどれくらいの頻度おしっこやウンチをするのか、日頃のリズムを把握しておくと枚数も決めやすいです。

目安としては…毎日使う枚数+2枚!

例えば1日7〜8回おむつを替える赤ちゃんは10枚程度。

離乳食も始まってウンチのペースもつかめている10ヶ月〜1歳半くらいの赤ちゃんなら6〜8枚程度持っていくという方が多いです。

トイレトレーニング中の子でも、環境が変わると緊張でトイレを我慢してしまうこともあるのでおむつを持っていくようにしましょう。

枚数の多いおむつは現地調達するのもおすすめ!

特に2泊以上の旅行なら、周辺のドラッグストアや売店・コンビニでの取り扱いをリサーチしておきましょう。

移動中のおむつの持ち歩きだけで済みますよ♪

【子供と旅行】持ち物②おしりふき

おしりふきはいつも使っている、使い慣れたものを持っていきましょう。

また、手拭きなどに使用することもできるので2パック持っていくのがおすすめ!

もちろんおしりふき+ウェットティッシュの組み合わせでも大丈夫ですが、わざわざ買い足す手間がかかるのなら、家にストックしてあるおしりふきを活用してもいいですよね。

【子供と旅行】持ち物③ビニール袋

使用したおむつを入れるためにビニール袋は必須になります。

防臭効果のあるビニール袋なら、臭いも気にならずに持ち運ぶことができますよ。


こちらのように箱に入っているビニール袋は、丸ごと持っていきやすいですよね!

ビニール袋はおむつだけではなく、汚れた衣類を入れたり、ゴミ袋として使うこともできます。

【子供と旅行】持ち物④母子手帳・健康保険証・お薬手帳

急な発熱や怪我でもすぐに対応できるよう、母子手帳・健康保険証・お薬手帳は必須です。

必ず持ち歩くようにしましょう!

全部セットにして持ち歩けるマルチケースに収納しておくのがおすすめ。


可愛いアニマル柄のマルチケースは、普段使いにもぴったりです。

荷物を入れるトランクではなく、持ち歩く用のバッグに入れるようにしてくださいね。

【子供と旅行】持ち物⑤おむつ替えシート

おむつを替えるスペースがどこにでもあるわけではありません。

おむつ替えシートがあるとどこでもおむつを替えられるのでとても便利です。衛生的に気になる場所でも、おむつ替えシートがあれば安心ですよね。

またおしっこの飛び散りなどで周囲を汚す心配もありません。


こちらは西松屋から販売されている使い捨てのおむつ替えシート。

汚れても捨てることができるのでとても便利です。

食べこぼし防止シートとして使うこともできるので、外出先でのお食事でも役立ちます。


もちろん使い捨てじゃなくてもOK。

可愛いデザインのものを選べば、ママも気分が上がりますよね。

普段使いもしやすいです。

【子供と旅行】持ち物⑥消毒用アルコールジェル(携帯用)

ぜひ携帯しておきたいのが、消毒用のアルコールジェル。

なかなか手を洗う場所が見当たらない時でも、これがあると安心です。

おむつ替えの後などに使用しましょう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

手ピカジェル 携帯用(60mL)【手ピカジェル】
価格:441円(税込、送料別) (2020/1/9時点)


こちらはトラベル用のコンパクトサイズ。

旅行だけではなくどんな時にでも持ち歩きたいアイテムです。

【子供と旅行】持ち物⑦タオル

タオルはバスタオルとフェイスタオルの2サイズあると安心です。

バスタオルはブランケットとして使うこともできますし、椅子などに敷いて使うこともできます。

フェイスタオルは汚れたところを拭くのにも便利。

またホテルや旅館の部屋が乾燥している時は、フェイスタオルやバスタオルを濡らして部屋にかけておくだけでも湿度を上げることができますよ。

ちなみに夏は汗を拭くのにも活躍してくれるので、フェイスタオルは2枚持ち歩きましょう。

【子供と旅行】持ち物⑧日焼け止め&虫除け

日焼け止めや虫除けは、春夏の旅行ならぜひ持ち歩くようにしましょう。

もちろん秋冬でもあると安心なアイテムです。

子供の肌を守る大事な役割を果たします。

普段から使い慣れているものを選ぶようにしてくださいね。

【子供と旅行】持ち物⑨歯ブラシ

ホテルや旅館の歯ブラシは大人用がほとんど。

子供の口には大きすぎますし、歯茎を傷つけてしまうこともあります。

普段から使い慣れている子供用の歯ブラシを持っていくようにしましょう。

【子供と旅行】持ち物⑩爪切り

子供の爪は柔らかいので、ちょっとした刺激で引っかかりやすくなってしまうことがありますよね。

怪我の原因にもなってしまうので、ぜひ爪切りを持ち歩くようにしましょう。

爪切りや絆創膏、常備薬などはトラベル用の救急ポーチに入れて持ち歩くのがおすすめです。


衛生用品は全て救急ポーチに入れておくと「どこにしまったっけ?」なんて探すことも無くなりますよ。

大人用の酔い止めなどを入れておくのにも便利なので、1つあると助かります。

【子供と旅行】持ち物⑪体温計

「なんだか子供が熱い気がする…」

旅行中の急な発熱にもすぐ対応できるように体温計を持ち歩くようにしましょう。

旅館やホテルで貸してもらえるところもありますが、移動中のことも考えると自分で持って行った方が使いやすいです。


額や耳に当てるだけですぐに熱が測れるスピード検温の体温計は、赤ちゃんにも使いやすくておすすめです。

【子供と旅行】持ち物⑫雨具

急な雨に見舞われることもあるので、雨具を持ち歩きましょう。

防寒にも使うことができるので、肌寒い時のアウターとしても使えますね。

手がふさがらず動きやすいレインコートがおすすめ。


こちらは恐竜のデザインのレインコートです。

旅行中の雨でも可愛く、楽しく過ごせること間違いなしです。


こちらはズボンのついたレインスーツ。

ズボンもすっぽりカバーしてくれるので、洋服が濡れてびちょびちょ…なんて心配も減りますよ。

暖かさも抜群のアイテムです。

【子供と旅行】持ち物⑬カトラリーセット

食事のとき用に子供のカトラリーセットを持っておくようにしましょう。

子供用のカトラリーを用意していないお店も多いので、持っていくと安心です。

特に離乳食中の赤ちゃんは使い慣れているフォークやスプーンじゃないと嫌がることもあります。

ステンレスの舌触りや冷たさが嫌で「もう食べたくない!」なんてなってしまうこともあるので、自宅から持っていくのが賢明ですね。


こちらのスプーンとフォークは赤ちゃんの口にも入れやすくおすすめ。

デザインもシンプルで可愛いです。

持ち運び用のケースも付いているので、旅行だけではなくピクニックやランチなどにもぴったりです。

【子供と旅行】持ち物⑭お食事エプロン

お食事用のエプロンは汚れたらすぐに捨てられる使い捨てタイプを持っていくのがおすすめ。

食事中に服が汚れて着替える手間も、お食事エプロンがあれば予防できるので、荷物削減のためにも必要です。


プレゼントにも喜ばれる使い捨てエプロンは、旅行だけではなく外出時にも大活躍してくれるので1つは持っておきたいです。

祖父母や友達の家に遊びに行く時も、捨てるだけで済むのが嬉しいですよね。

デザインも可愛いものを選べばおしゃれさもバッチリです。

こちらの記事で出産祝いにもオススメしています♡

【子供と旅行】持ち物⑮着替え

着替えは上下の服はもちろん、肌着+下着も持っていきましょう。

次の日の着替えだけではなく、汚れた時用に余分に1〜2着持っていくようにします。

特に赤ちゃんはミルクの吐き戻し、おむつの漏れなどが考えられるので多めにあると安心です。

特に夏は汗をかくので、肌着を多めに持っていきましょう。

また夏でもカーディガンが1枚あると、冷房対策など温度調節に役立ちます。

手持ちのバッグから出してすぐに着替えることができるよう、「汚れた時用の着替え+カーディガン」の1セットはできるだけ入れておきたいですね。

【子供と旅行】持ち物⑯帽子

日差しよけに帽子があると安心です。

マルチクリップを使用すると「気づいたら帽子が落ちてなくしてしまった」という心配もありません。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

はぐまむ クリップ 日本製 全6色 2本入
価格:699円(税込、送料無料) (2020/1/9時点)


マルチクリップで帽子と洋服をくっつけておけば、万が一帽子が風で飛んでも服についたままですよね。

マルチクリップはおもちゃやブランケットにも使えるので、1つもっておくととても便利です。


歯固めとしても使えるこちらの木製クリップは、おしゃぶりやおもちゃを止めておくクリップとしておすすめ。見た目もおしゃれでとっても可愛いですよね。

帽子と同様にどこかに置いてきてしまったりなくしやすいものは、クリップで止めておくようにしましょう。

【子供と旅行】持ち物⑰おもちゃや絵本

移動中の暇つぶしグッズとして、おもちゃや絵本を持っていくようにしましょう。

遊びなれているものでも構いませんが「旅行の時にしか遊べないもの」「新しいおもちゃ」を用意しておくと、いつもとは違った新鮮味があって子供が熱中しやすいです。


移動中の車内などで子供のプレイテーブルになってくれるこちらのアイテム。

お絵描きやお人形遊びはもちろん、お菓子を食べたりするのにもぴったりです。

テーブルの上で遊べるから、おもちゃを床に落とし「拾って〜!」と子供が言うことも無くなります。収納ポケットがサイドについているので、小さいものをしまっておくこともできますよ。

【子供と旅行】持ち物⑱授乳ケープ

外出時にどこでも授乳ができる授乳ケープはぜひ持っておきたいアイテムです。

授乳室が見当たらずに困ってしまうことがあっても、授乳ケープがあれば安心ですよね。

【子供と旅行】持ち物⑲お菓子・飲み物・離乳食

食べ慣れているお菓子は暇つぶしにもぴったりです。

離乳食も市販のものを持っていくのがおすすめ。家から持ってきたものよりも衛生面で安心できます。

うどんなどを取り分けで食べることができるのなら「麺カッター」があると安心ですね。

飲み物は水分補給のためにも必須です。

子供と一緒の家族旅行を楽しもう!

最近では子連れウェルカムの宿・観光地も増えてきました。

離乳食やベビーグッズが揃っていたり、ママにも子供にも優しい場所が多いですよね。

ぜひ子供と一緒の家族旅行を存分に楽しんできてくださいね♪

タイトルとURLをコピーしました